日本共産党の笠井亮政策委員長は25日、加藤勝信厚生労働相の不信任決議案が衆院本会議で否決された直後に、国会内で記者会見し、「加藤大臣に労働行政の責任者を任せていたら日本の労働者は救われない。労働者、国民の目から見れば不信任は当然だ。『働き方改革』一括法案は撤回し、労政審に差し戻すべきで、強行は断じて許されない」と厳しく批判しました。笠井氏は「法案の前提となるデータのねつ造、誤りが繰り返し明らか