「働き方改革」一括法案の「審議の出発点」となった労働時間データについて、異常値の2割削除に続き、新たな虚偽データが25日、見つかりました。同一の調査票をコピーして二重に集計するデータねつ造が、6件確認されました。同日の衆院厚労委員会理事会に提出されました。日本共産党の高橋千鶴子議員は、衆院厚労委の質問で、「新たなデータの誤りが出てきた。審議の出発点だと何度も言ってきたものだ。引き続く審議をやる