日本の国際協力銀行(JBIC)などが、地元住民らの反対運動が続くインドネシア・西ジャワ州のチレボン石炭火力発電所の増設計画に巨額の融資を行っている問題で、日本共産党の岩渕友、武田良介両参院議員は18日、反対運動を進める現地NGOと国会内で懇談しました。インドネシアからの参加者は、計画中止と融資撤回を訴えました。同発電所をめぐっては、海洋・大気汚染などの環境破壊や、反対派住民に対する人権侵害が問