来週にも政府・与党が衆院採決を狙う「働き方改革」一括法案の阻止を掲げて、全労連や全労協など幅広い労働組合でつくる「雇用共同アクション」は18日、衆院第2議員会館前で抗議行動を行いました。過労死ラインを容認する残業上限などの法案の問題点や採決日を見据えた強行的な審議運営を批判し、廃案を訴えました。主催者あいさつした全労連の岩橋祐治副議長は、「隠ぺいやねつ造問題など、ウソにまみれた安倍内閣に、環太