旧優生保護法(1948〜96年)のもとで本人の同意のないまま不妊手術を強制されたのは人権侵害だとして、70代の男女計3人が17日、国に総額7950万円の損害賠償を求めて札幌、仙台、東京の3地裁に提訴しました。訴えたのは、実名を公表した札幌市在住の小島喜久夫さん(76)、宮城県の70代女性、東京都の男性(75)。訴状によると、3人は10代のころ知的障害などを理由に不妊手術を受けさせられました。