女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資をめぐり、オーナー(物件所有者)に建設資金の融資をしていたスルガ銀行(静岡県沼津市)は15日、多くの行員が通帳改ざんなどの不正を知りながら融資をしていたことを記者会見で認めました。米山明広社長らが沼津市内で会見。同社は調査の結果、融資に際し顧客の「自己資金の残高を証明する通帳等の偽造や改ざん」などが行われていたと発表。不正について「相当数の社員が認