日本共産党の志位和夫委員長は10日、国会内で記者会見し、9日の日中韓、日中、日韓の一連の首脳会談で安倍晋三首相が「最大限の圧力をかける」との主張を繰り返したことを示し、「安倍政権と韓国、中国両政府との立場の著しい落差が鮮明になった」と指摘しました。志位氏は、同日の中韓首脳会談で中国の李克強首相と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、「北朝鮮に対して一方的に要求するのではなく、北朝鮮が完全な非核