大谷のプロ初安打は2013年3月29日の西武戦で、岸から右翼線への二塁打投打“二刀流”でセンセーションを巻き起こしているエンゼルスの大谷翔平投手。4月の月間最優秀新人に選ばれるなど、順調な活躍を見せているが、古巣の日本ハムでは、大谷と入れ替わるように入団したドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が、ついにデビューを飾った。2日の楽天戦で「6番・DH」でプロデビュー戦を迎えた清宮。2回の第1打席で楽天先発の岸