4月にビールの定義変更(麦芽使用比率が67%以上から50%以上に緩和)が行われ、アサヒ、キリン、サントリー、サッポロの大手4社のビールメーカーから続々と定義変更対応商品の“ビール”が発売された。そこで気になるのが、これまで低価格で人気だった発泡酒(麦芽重量が3分の2未満)や第3のビール(麦芽を使用せず穀類などが原料)などのビール類はどうなってしまうのかということだ。ジャーナリストの河野圭祐氏が各社の戦