日本共産党の小池晃書記局長は21日、東京都北区のJR赤羽駅前で街頭演説しました。改ざん、隠ぺい、ねつ造、セクハラの真相を隠し続ける「政権運営能力のない安倍政権に退場の審判を下そう」と力説。来年の参院選で、比例で党躍進のうねりをつくり、東京選挙区で吉良よし子参院議員の再選、さらに統一地方選で同区議団の現有9議席確保を力強く訴えました。小池氏の鋭い国政批判に多くの市民が足を止め、真剣な表情で聞き入り