Appleは、暗い部屋でiPhoneを使う時、画面が明るくなりすぎないようにする技術の特許を取得しました。2007年の申請当初から改善が続いていた特許Appleが取得した特許は、iPhoneに搭載された環境光センサーで周囲の明るさを検知して、画面がまぶしくなりすぎないようにする技術です。 Appleはこの特許の目的について、ユーザーが暗い部屋でディスプレイを見ることで強い光によるショック状態に陥るのを避けるため、と説