裁量労働制の違法適用をめぐって野村不動産に対して東京労働局が行った「特別指導」にかんする野党合同ヒアリングが19日、国会内で行われ、勝田智明東京労働局長(当時)による口頭での指導内容が明らかになりました。ヒアリングでの厚生労働省側の提出資料によると、勝田局長は、同社社長に「特別にお越しいただいた」などと発言。指導に沿った改善結果の報告は一切求めていませんでした。13日の衆院厚生労働委員会で、