防衛省は16日、陸上自衛隊イラク派兵部隊の「日報」435日分、約1万5000ページを公表しました。この中には、陸上自衛隊が活動していたイラク南部サマワで「戦闘が拡大」との文言が明記されています。戦後初めての「戦地」派兵と、海外派兵を禁じた憲法9条との整合性を図るため、イラク特措法では「非戦闘地域」で活動することとされており、明らかに矛盾します。名古屋高裁は2008年4月の判決で、武装米兵の空