「「ファークライ5」のゲーム世界は、まやかし以外の何物でもなかった:『WIRED』US版レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら「ファークライ5」で最初に操作できる場面のひとつは、チェイスシーンである。といっても、追われるのは自分なのだが。主人公は、無口な名無しの連邦保安官。ゲーム冒頭で彼は、終末思想を掲げる過激派カルト教団の銃撃から逃げている。銃弾が頭上をかすめるなかモンタナ州の森のなかを走り抜け、彼