大逆転劇に近づいたユベントス、後半ATのPK判定をDFキエッリーニも非難UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリードに敗れたユベントスの選手たちが、決勝点となったPK判定への不満を募らせている。イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは「レアル・マドリードはチャンピオンズリーグで常に恩恵を受けている」と判定の偏りを主張した。スペイン紙「マルカ」が報じている。ホームでの第1戦を0-3で落としたユ