日本共産党の笠井亮議員は30日の衆院経済産業委員会で、日立製作所による英国への原発輸出計画を日本政府が推進している問題をあげ、国民に知らせないまま巨額の負担リスクを負わせようとしていると批判しました。笠井氏は、日立の中西宏明会長が原発輸出について「政府がコミット(関与)しないとできない。それが日英政府とわれわれの共通理解」(2月13日の記者会見)と述べていると指摘し、「『共通理解』となるような