●塩分、糖分、アルコール分を監視する2ミリ四方のチップ臨床試験や入院中の患者の栄養状態を監視する新たな超小型センサーが開発された。このセンサーにより、ナトリウム、グルコース、アルコールの量を測定できる。開発したアメリカのタフツ大学は、雑誌「Advanced Materials」に詳細を掲載している。将来的には、あらゆる栄養成分の測定を可能にすることが目標だという。【こちらも】帝人と関大、ファッション性を兼ね備えた