現地時間3月23日にイングランド代表は、敵地アムステルダムに乗り込んでオランダ代表と対戦し、ジェシー・リンガードの虎の子の1点を守り切って1-0で勝利を掴んだ。 ワールドカップを前にした重要なテストマッチで強敵オランダ代表から白星を掴んだスリーライオンズ(イングランド代表の愛称)だったが、試合後に話題をさらったのは、ゲームの内容よりもサポーターたちの蛮行だった。 英紙『The SUN』によれば