ミツバチの針を刺す民間療法 繰り返し治療を受けた女性が死亡GIGAZINE(ギガジン)

ミツバチの針を刺す民間療法 繰り返し治療を受けた女性が死亡

ざっくり言うと

  • スペインに住む55歳の女性が「アピセラピー」と呼ばれる民間療法で死亡した
  • 筋肉の硬直を解消するため、ミツバチの針に刺される治療を繰り返していた
  • 専門家は、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があると指摘した

ランキング