学校法人「森友学園」との国有地取引をめぐる公文書改ざんに対する国民の怒りが沸騰し、抗議行動が全国で空前の広がりをみせるなか、日本共産党の小池晃書記局長は17日、東京都大田区のJR蒲田駅前で開かれた緊急街頭演説で、国会論戦で明らかになった改ざんの背景にある“首相案件”隠しを告発し、「国民のたたかいと野党の結束の力が安倍政権を追い詰めた。この力で真相の徹底究明を行い、そのことを通じて内閣総辞職に追い