後を絶たない被雇用者の鉄道自殺 うつ病や仕事疲れなどが目立つ原因に東洋経済オンライン

後を絶たない被雇用者の鉄道自殺 うつ病や仕事疲れなどが目立つ原因に

ざっくり言うと

  • 2009年から2016年までに、鉄道自殺で命を落とした被雇用者は584人にのぼる
  • 自殺した原因で最も多いのは「うつ病」などの健康問題によるものだという
  • 「職場の人間関係」と「仕事疲れ」といった勤務問題も原因になっているそう

ランキング