東芝は13日、米ウエスタンデジタル(WD)と、半導体メモリー事業の売却を巡る対立関係を解消し和解したことを発表した。裁判所へ申し立てていた法的措置は取り下げるとともに、協業する四日市工場(三重県四日市市)での共同投資も再開する。【こちらも】東芝、6000億円の増資を発表上場廃止回避へ大きく前進東芝は6日の取締役会で、WDが歩み寄れば東京地裁への訴訟の取り下げを決議している。これに対して、WDは11日までに