国内男子ツアー出場資格は、合計24カテゴリー。その24カテゴリーには優先順位がつけられ、一番目は「賞金ランク1位の者(翌年から5年間)」。5番目の「前年度賞金ランク60位までの者」、いわゆる“第1シード”や、11番目の「前年度チャレンジツアー賞金ランク1位の者」、19番目に「前年度賞金ランク60位の次点15位の者」、いわゆる“第2シード”があるが、来年の出場資格から、これまでの22〜24のカテゴリーが「統合」される。【関