日本共産党の笠井亮政策委員長は1日の記者会見で、立憲民主党が同日の政調審議会で「共謀罪」廃止法案を了承し、野党各党に今国会での共同提出を呼びかけていることについて問われ、「憲法違反として大きな問題になってきた『共謀罪』法の廃止は大きな課題になっており、一刻も早く取り組むべきだ。市民のなかでも廃止を求める大きな声があり、市民と野党の共闘の大事な課題だ。当然、よく話し合い、力を合わせて廃止させるため