大戦中に中国人を強制連行するために日本政府が「華人労務者内地移入に関する件」を閣議決定してから75年を迎えた27日、中国人強制連行事件の解決をめざす全国連絡会と中国人強制連行事件弁護団は、国会内で集会を開きました。アジア・太平洋戦争中、不足した労働力の補充を求める産業界の要請に応え閣議決定し、日本の企業は中国人や朝鮮人を強制的に連行。炭鉱やダム建設など危険な仕事に従事させました。集会には、2