住宅メーカー一条工務店(本社・東京都江東区)が営業職の従業員に対して、「事業場外みなし労働時間制」を悪用してサービス残業(不払い残業)をさせていた事件は、横浜地裁で労働審判を申し立てた女性に会社が残業代相当の80万円を支払うことで調停成立しました。女性とその相談を受けていた全川崎地域労働組合は24日、川崎北労働基準監督署に対し、一条工務店の違法な「みなし制度」について是正指導するよう申し入れまし