東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域に指定された福島県浪江町津島地区の住民たちが国や東電に原状回復と完全賠償を求めた「ふるさとを返せ津島原発訴訟」(今野秀則原告団長)の第10回口頭弁論が17日、福島地裁郡山支部(佐々木健二裁判長)で開かれました。原告側は、佐野久美子さん、馬場靖子さんと4人の代理人が意見陳述しました。佐野さんは「今の津島には帰りたくても帰れません。津島の山川、田んぼ、畑に