10月22日に投開票が行われた第48回衆議院選挙。結果は自民・公明の与党が3分の2以上の議席を獲得しました。一方で投票率は53.7%となり、戦後2番目に低い投票率となりました。この選挙を受けて『ニコ論壇時評』では、プログラマーの小飼弾氏と番組アシスタントの山路達也氏がネット投票が選挙に導入されず、未だに記名式投票を採用している現状について解説を行いました。―人気記事―WPA2の脆弱性「KRACK」のヤバさをプログラ