街の書店が経営難で次々に姿を消す昨今、東京の新宿歌舞伎町に“愛”をテーマにした書店が10月7日、オープンした。働くのは、現役ホストをはじめとした、読書好きな若者たち。歌舞伎町のど真ん中で、高級酒より価値のある“愛”の本が見つかる書店の狙いとその実態を探った。日本一の歓楽街・歌舞伎町。夜のイメージが強いネオン街も、朝になると雰囲気は一変、意外なほど閑静だ。その一角に、“ホスト書店員”が接客する、史