10日、キリンチャレンジカップの日本代表対ハイチ代表の一戦をが行われた。前半早々に2点を奪うも前半に1点を返された日本代表は、普段は見られない低調なパフォーマンスに終始。後半には2点を返され逆転されるも、後半終了間際のMF香川真司のゴールでなんとか3-3の同点とした。この日、先制点をアシストしたDF長友佑都は、試合を引き分けに持ち込むことができたものの「勝ちたかった」と本音を語り、これからの課題について