WSJは社説で「安倍首相の今回の総選挙戦略は英国の総選挙に二の舞になりかねない」と論じている。今年6月英国のメイ首相は総選挙に打って出た。下院の任期は2020年だったので選挙の必要はなかったが、労働党の党内が分裂していると思ったメイ首相はこれを機に優位を固めようと思い、解散・総選挙に打って出た。だがこれが誤算で選挙結果はメイ首相率いる保守党が13の議席を失い、労働党は30議席増やした。WSJは「将来人気