東京大学(東京都文京区)は21日、東大教職員組合(東職)、首都圏大学非常勤講師組合の両組合と団体交渉を行い、パート勤務の非常勤職員が無期契約に転換することを妨げる規定の一部を削除すると提案しました。非常勤講師との契約関係についても不正常だったことを認め、改善を約束しました。改正労働契約法(2013年施行)では、有期契約の労働者でも契約更新を5年続けると、雇い止めの心配がない無期契約に転換できる