iPhoneには、万歩計相当の機能が内蔵されている。iPhone 5s以降の機種には、運動に関する情報をわずかな消費電力で測定できるモーション・コプロセッサが標準装備されているため、特になにもしなくても歩数や移動距離を記録できるのだ。iOS 8以降のシステムは、そのモーション・コプロセッサが取得した情報を自動的に内蔵ストレージへ記録している。つまり、歩数や移動距離といったデータは「ヘルスケア」が起動しているかどうかに