ブランドセーフティの議論は加熱しすぎている感はあるが、広告購入の動機づけが、特定のサイトやパブリッシャーブランドからオーディエンスへ移行しているなか、「ブラインド・バイ(掲載先を把握しないまま、闇雲に広告購入すること)」がひとつの問題となっている。業界人に匿名で本音を語ってもらう「告白」シリーズ。今回は、クオリティの高い環境やパブリッシャーのサポートを謳うエージェンシーのリップサービスに辟易してい