2017年8月25日、ソウル中央地裁は、サムスングループの事実上の総帥である李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)サムスン電子副会長に対して、懲役5年の実刑判決を言い渡した。サムスンや産業界にとっては衝撃的な判決だが、専門家にとっても判決内容は驚きだった。8月28日、李在鎔副会長は、1審判決を不服だとして控訴した。「実刑判決は避けられないのではないか」――判決前、産業界やメディアの間では、こんな「事前予想」