子宮頸(けい)がんワクチン接種後の健康被害を訴える、関東や北海道などの16〜23歳の女性53人が国と製薬会社2社に損害賠償などを求めた集団訴訟の第3回口頭弁論が23日、東京地裁でありました。原告団代表の酒井七海(ななみ)さん(22)が車いすで出廷し、「国と製薬会社は、私たちが受けた被害に正面から向き合ってほしい」と訴えました。酒井さんは高校1年でワクチンの接種を受けて以後、たびたびの意識消失