◆ 球宴休みを挟んでV字回復?マーリンズのイチローが絶好調だ。ここ2試合はいずれも代打で安打を放ち、シーズン打率は.247まで上昇。最後にスタメン出場した現地時間8月9日(日本時間10日)のナショナルズ戦では、今季初の猛打賞となる3安打を放つなど状態の良さをアピールしている。オールスター後の打率は.324で、出塁率も.432を記録。これは同じく好調なジャンカルロ・スタントンらを抑え、同期間のチーム1位の数字だ。