日本海中央に位置する日本の排他的経済水域(EEZ)内の好漁場「大和堆」(やまとたい)で、北朝鮮船籍とみられる外国漁船がイカを中心とした違法操業を繰り返し、日本のイカ釣り船が近づけない問題で、日本共産党の藤野保史衆院議員は28日、国会内で外務省、海上保安庁、水産庁に対応を求めました。この問題で、藤野議員は22日、石川県漁業協同組合、能登町にある小木支所や能登町役場などを訪れ、懇談しました。藤野