EUの欧州委員会から独占禁止法に抵触しているとして、24億2,000万ユーロ(約3,000億円)にも上る巨額の制裁金を科された件について、Googleがコメントを発表しました。AmazonやeBayといったライバル企業に対抗するための行為が、今回の制裁を引き起こしたことなどが記されています。3,000億円の罰金は過去最高欧州委員会によると、Googleは自社サービスであるGoogle Shoppingのページを優先的に表示することで、AmazonやeBay