沖縄県の翁長雄志知事は20日、名護市辺野古の新基地建設に伴い、県から岩礁破砕許可を受けずに行っている国の違法工事の差し止めを求める訴訟を起こすため、議会の議決を求める議案を県議会に提出しました。合わせて、弁護士への訴訟委託料517万2000円の補正予算案を6月議会に提出しました。翁長知事は、漁業権の設定されている漁場内で、知事の許可なく岩礁破砕等を行うことは禁止されているが、「沖縄防衛局は、県