○インテルが公取委の排除勧告を応諾さて、話を元に戻そう。本連載の第13回にて、インテルに公正取引委員会の強制調査が行われ、その約1年後、インテルが独占禁止法違反行為を行ったことを断定する排除勧告が出されたところまで書いた。排除勧告が出されると、制度的にはその内容を認めて"応諾"し、是正処置をとるか、内容に不服とあれば、公正取引委員会(公取委)を相手の特別裁判となる。インテルは排除勧告が出ると間もなく、「