国会会期末(18日)を目前に控えた14日、自民、公明両党は内心を処罰し、監視社会を強める「共謀罪」法案の強行成立を一挙にはかる暴挙に出ました。同法案は参院法務委員会(秋野公造委員長=公明党)で審議中にもかかわらず、その審議権を取り上げ、いきなり参院本会議で「採決」に持ち込む委員長の「中間報告」という異常な強硬手段を取りました。学校法人「加計学園」疑惑をめぐり、安倍晋三首相・官邸による圧力で行政が