日本共産党の笠井亮政策委員長は9日、国会内で記者会見し、「共謀罪」法案をめぐり国会会期延長が取りざたされていることについて「悪法強行のための延長は断じてあり得ない。世論調査でも共謀罪に対する反対が増えてきており、会期末で時間切れというなら廃案にするのが憲政の常道だ」と強調しました。笠井氏は、参院での質疑を通じても共謀罪法案の破たんがいっそう明らかになっていると主張。単なる友人の集まりでも捜査機