日本共産党の畠山和也議員は18日の衆院農林水産委員会で、酪農家から生乳の販売委託を受け乳業メーカーと価格交渉に当たる指定生乳生産者団体(指定団体)制度が改悪されようとしている問題を取り上げ、「生産者の所得向上に逆行している」と批判しました。指定団体は、酪農家が価格交渉で不利な立場に置かれることがないようにつくられました。安倍政権は、畜産経営の安定に関する法律改定案で、現在10の指定団体に加え、