【ニューヨーク=島田峰隆】ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器禁止条約の交渉会議のエレン・ホワイト議長(コスタリカ)は30日の記者会見で、「第2会期が終わる7月7日までに条約案に合意することが達成可能な目標だと楽観的になれた」「法的拘束力のある文書の前文や中核となる禁止事項について建設的な意見交換ができている」と述べました。ホワイト氏は、今回の会議の参加国が115カ国以上だとしたうえで、