21日、米国のレックス・ティラーソン国務長官が、日本を「同盟国」、韓国を「パートナー」と表現し、韓国から「日本と差をつけているのでは」などの指摘が上がっていた問題で、米国務省が事態の鎮静化に乗り出した。資料写真。Record China

米国務長官の「日韓発言」に韓国が指摘した問題 米国務省が釈明

ざっくり言うと

  • 米国務長官が、日本を「同盟国」、韓国を「パートナー」と表現した問題
  • 韓国から、「日本と差をつけているのでは」という指摘が上がっていた
  • 米国務省は、「両国とも強力な同盟でありパートナー」であると釈明した

ランキング