乱闘騒ぎによってシュトゥットガルトから解雇処分を受けた元ドイツ代表DFケビン・グロスクロイツが古巣のドルトムントにコンタクトを取ったようだ。14日付けの独紙『ビルト』が報じている。グロスクロイツは先月28日の深夜、シュトゥットガルト市内中心部で若者グループに暴行を受けた。記事によると、この騒動でシュトゥットガルトと契約解除になったグロスクロイツは、古巣であるドルトムントの2軍でプレーしたいとの意向を