安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)が21日に都内で開いたシンポジウムで、日本共産党の小池晃書記局長と民進党の福山哲郎幹事長代理があいさつし、次期総選挙へ野党共闘を前進させる決意を表明しました。小池氏は、安倍政権が臨時国会で、環太平洋連携協定(TPP)承認・関連法、カジノ解禁推進法、「年金カット法」の3大悪法で「強行採決3連発」を行ったことや、戦争法を具体化する安倍政権の