日本共産党の高橋千鶴子議員は8日の衆院震災復興特別委員会で、東京電力による福島第1原発の廃炉作業で相次ぐ人為ミスは、「過酷事故につながりかねないものだ」と指摘し、「廃炉、事故収束作業への人員の集中が必要だ」と求めました。高橋氏は、4、5両日に立て続けに起こった同原発の人為的ミスによるトラブルについて、東電による再発防止策をただしました。東電の山口博副社長は相次ぐトラブルに謝罪を表明。「社員へ