14日までの延長国会は、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案、カジノ解禁推進法案、「年金カット法案」の三つの大悪法などをめぐり緊迫した局面を迎えています。自民党が週内成立を目指していたカジノ解禁推進法案は8日、賭博場解禁への暴走に対する国民・野党の強い批判が推進派を一歩押し返した結果、参院内閣委員会の理事会で自民党が“8日の委員会採決”提案を取り下げ、与野党が12日に参考人質疑を行う日程